マイホームを建てる!!理想の間取りにする為に大切な事

注文住宅を建てると決めたら

夢のマイホームを建てる為に行動している時はとても楽しいですよね。建築会社を何社かに絞ったら、次は間取りを出してもらいます。こちらの要望を踏まえた上でのプロが考えた間取りですから、「なるほど!これいいね!」と即決してしまう方もいるかもしれません。でも、ちょっと待って下さい!その間取り、ちゃんとイメージできていますか?生活している様子を頭の中でシミュレーションしましたか?

大切なのはイメージする事

最近マイホームを建てた友人家族がいます。びっくりしたのが、初めて訪問した建築会社でその場で設計士が提案した間取りを見て、全くそのまま採用してしまった事。迷わない性格なのは羨ましいですが、それが新居に引っ越してから後悔しているというのです。
友人一家は物を多く所有していて、設計士には収納を多く、という要望を出したそうです。ただ、友人の所有する物の量は一般の人の想像をはるかに超えている為、多少増やした程度の収納ではとうてい収まりきれません。実際に、引っ越す時に沢山の物を捨てたにもかかわらず、新居の中は収納しきれない物で溢れかえっていました。

理想の心地よい住まいを実現する為に

ただ要望を伝えるだけでは、お互いの認識が食い違う事もあります。 大切なのは、設計士や建築会社に任せきりにせず、出してもらった間取りをイメージして自分の1日の生活、家族の行動、そして所有している物をしまう場所を頭の中でシミュレーションする事です。予算や優先順位によっては妥協しないといけない事もあります。しかし、せっかくのマイホームですから可能な限り理想の間取りを実現させるべきです。
心地よい住まいにする為に沢山イメージして下さい。そして、ぜひ納得できる住まいを実現させて下さい。

間取りとは、家の部屋の数や位置のことです。家や部屋探しの際に、不動産屋さんで見せてもらう簡易な家の説明図を指すこともあります。