借りる側?それとも経営者側?それぞれの立場で違う駅近物件

借りる側にとっての駅近物件

駅に近いと通勤に便利で、ギリギリまで寝ていられますし、歩く距離が少なくて済むので肉体的に楽です。おまけに他人に自宅の場所を教える際にも最寄駅の名前を伝えて、そこからどのように動くのかを言えば良いので説明しやすいです。場合によっては駅まで来てもらい、迎えに行くという方法もあります。

ただし、デメリットとしては駅近の物件は、同程度の間取りの部屋よりも家賃が高めに設定されている場合が多いです。さらに人の行き来が多いため、昼間は騒がしくなりがちです。おまけに見知らぬ人が歩いていても特に不思議ではありません。そのため空き巣などの良からぬことを考えている輩が紛れていても不審に思われないので、防犯面に不安を感じるという人も少なくないです。

経営者側にとっての駅近物件

立地条件が良い分、購入するにはかなりの費用が必要です。加えて人気の物件のため、欲しいというライバルも多く、簡単には手に入らないです。しかしオーナーになることさえできれば、よほどの理由がない限りは、借り手を見つけるのはそれほど苦労することはないです。仮に退去者が出たとしても、すぐにまた入居者が現れる確率が高いです。

加えて家賃も高めにできるので、投資した金額を回収するのも難しくはない場合がほとんどです。さらに駅近物件というのは、周辺の土地の値段が上がるかもしれないです。駅には人が集まりますから、それを目当てに娯楽施設や飲食店が立ち並ぶことがあります。すると購入した時の値段よりも高くなることが期待でき、転売すると儲かるのです。

千歳の賃貸はとにかく交通のアクセスが良いのがメリットです。千葉の市街地への交通アクセスも良く、賃貸数も多いので、一人暮らしなどに最適です。