請負業者でこんなに違う!?注文住宅発注先選択のポイント

各社毎に大きく違う特徴とメリット

新築建売住宅とは違い、夢のマイホームを三次元化する注文住宅は、より我が家にこだわりたいご家族にとって見過ごせない、究極のマイホームと言えるでしょう。そしてこうした夢の実現をサポートすべく、全国各地には注文住宅を専門に扱う業者も数多く、それぞれが自社物件の魅力やメリットを伝えており、発注先の選択に迷ってしまっても不思議ではありません。ここでポイントとなるのが、各社が提供する注文システムの違いです。

たとえば安価をメリットと謳う業者の場合、準備されたパターンの中から、希望のスタイルをチョイスして組み合わせるスタイルが数多く見られます。対して担当者とのディスカッションから設計図を起こす手法の場合、より希望に添ったマイホームの期待が高まる一方、費用面の負担が大きくなる傾向が避けられません。

キチンと話を聞いてくれる業者を選ぶ

最終的な候補先の絞り込みに際しては、担当者が自分達の話に対し、しっかり耳を傾けてくれる業者の選択が大切です。自社のスタイルを一方通行で伝えてくるばかり、あるいは相談内容に対して明確な回答を届けてくれない業者の場合、建設作業が進む段階で、認識の相違などによるトラブルが懸念されます。また営業担当者の質はそのまま、現地作業を担当する職人を反映しており、この部分も要着目ポイントです。

注文住宅建築に際しては、何より安全確実が最優先であり、完成後は末永く快適に暮らせなければなりません。年月が経過するにつれ、満足度が膨らむマイホームの実現の鍵は、発注先業者の選択に他なりません。盤石の相互信頼関係を確信できる相手先を、十分に吟味してください。

2000万の家を建てるには、家の素材を工夫することがポイントです。安いながらも断熱性や通気性に優れた素材などを選ぶことが大切です。