賃貸オフィスはどうやって選べばいいの?不動産会社と立地を選ぶポイント

不動産会社は複数をまわることが大切

賃貸オフィスを探しているのであれば、物件を選ぶ前に不動産会社を確認することが大切です。住宅の物件を探す時にも同様のことが言えるのですが、不動産会社が変わることによって紹介される物件も変わってしまうからです。起業したばかりで小規模オフィスを探しているのであれば、大手の不動産会社ではなく、地域に密着した地元の不動産会社で探すのがいいでしょう。地域密着型の不動産会社は、その街のことに精通しているので、大手の不動産会社より情報量が多い場合があるからです。

さらに不動産会社は1社だけに絞るのではなく、複数の不動産会社を回ることが大切です。同じ物件でも不動産会社によって仲介手数料が異なる場合もあるので、必ず他も確認して見ることがポイントになります。他にも条件に合う物件を多く紹介してもらえているか、対応に不足はないかなどを確認することも大切です。

賃貸オフィスの立地を選ぶ際のポイントとは?

賃貸オフィスの立地を選ぶ際のポイントは、どのような業種の会社が多くあるのかを確認することです。自社に関係のある業種が多くある立地であれば、打ち合わせや発注、納品作業などをスムーズに行うことができます。さらに特定の業種が集まっている立地では、企業同士のネットワークがあるので、新規顧客を獲得しやすくなるというメリットもあります。顧客が頻繁に来店するのであれば、交通の便が良い立地を探すことも有効です。逆に来客が少ない会社であれば、駅から離れたとろこを狙って賃料を下げるのも一つの手であるといえます。

港区で賃貸事務所と契約を結ぶ場合には、細かい項目を確認することが大事です。特に、契約を更新する時期を確かめることはとても重要です。